乳がん検診

10,000件を超える経験・実績を活用した乳がん検査を行います。

パピヨン乳腺クリニックのホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
院長の髙橋 宏樹(たかはし ひろき)です。
一人一人の患者さんと、よりゆっくりとかかわりたいという気持ちから本院を開院させて頂きました。
当院では、私の数多くの経験から、乳がんの治療方針について最善、最新の情報、技術を提供したいと考えています。
また再発予防に化学療法、ホルモン療法についても多くの経験があり患者さんのライフスタイルに合った治療を提案することを心がけています。
乳がんかもしれないとご心配になられたら、また、日常のことでも乳房・乳腺のご心配なことはお気軽に相談ください。

大切なことは“乳がんを知る”ことです

現在、日本人女性の11人に1人が、一生の間に乳がんにかかるとされています。

そして、その数は年々増え続けています。しかし、乳がんは早期発見によって治る可能性が高い病気です。そのために大切なことは「乳がんを知ること」です。愛するパートナーを守るため、大切なお母さんを守るために、乳がん検診を考えてみませんか。

近年有名人が乳がんであることを公表したり、乳がんを題材にした本や映画・テレビなどは近年よく見かけるようになり、「乳がん」について興味や関心を持っておられる方はとても多いと思います。しかし「まだ若いから大丈夫」と、どこか他人事のように思われている方も多いのが現実ではないかと思います。 こういった背景には日本の検診受診率の低さが影響しています。(日本が40%に対して欧米では80%の検診受診率)現在の日本の保険制度ではあくまで、乳がん検診は自主的な検査となっているためです。

他には下記の理由の方が多く見られます。

忙しい女性が多い

当院は土曜日の午前中(12時30分まで)の受診が可能で、平日も19時まで診療しております。

子供連れで受診できない

当院は、検査や診療の間、子育て経験を持ったスタッフが赤ちゃんのお世話をいたしますので、赤ちゃん連れのお母さんにも安心して受診頂けます。ぜひ、赤ちゃんとご一緒にご来院ください(2020年9月現在 院長をはじめ多くのスタッフが子育て経験を持っています。どうぞご安心ください)

検査料金が高い

自覚症状(乳房の痛み、胸や脇のしこり、乳首からの分泌物など)がある場合は医師の診断のもと、保険診療(3,600円〜)となります。

はずかしい

当院は院長以外、全て女性スタッフです。また、女性専用の中待合室、パウダールームもご用意しており女性に優しいクリニックづくりを行っています。

先にもふれましたが、乳がんは毎年検診を受診している場合、早期で見つかる可能性が高く、早期乳癌の5年生存率は90%後半です。
症状がなくても乳がんは発症している事が多い病気です。まずはお気軽にご相談ください。

★症状によって保険診療に変わる場合があります

乳がん検診は、症状の有無、ご年齢などによって、自己負担金が変わります。自覚症状(乳房の痛み、胸や脇のしこり、乳首からの分泌物など)がある場合は医師の診断のもと、保険診療(3,600円〜)となりますので保険証をお持ちください。

★福岡市の乳がん検診が当院で受けられるようになりました

当院にて、福岡市クーポン検診・福岡市乳がん検診が受けられるようになりました。
40歳代の方は「1,500円」、50歳代の方は「1,200円」でご利用いただけます。(40歳の方には、市から無料クーポンが届きます)
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。TEL:092-409-9311

乳がん検診の費用はこちら

乳がん検診の流れ

01

まずはご予約ください

乳がん検診をご希望の方は、まずはお電話でご予約ください。
ご予約のお電話の際にご心配な症状などもお伺いし、緊急性が高いと判断した場合には優先的に検査させて頂きます。
(当日のご連絡でも患者様の状況に応じて、検査に空きがある場合は可能な限り対応させていただきます。)

ご予約はこちら 092-409-9311

お気軽にご相談ください

02

乳がん検診

問診
視・触診
乳房専用検査機器による精密検査

マンモグラフィ検査

乳房専用の低線量X線撮影装置で病巣の有無を検査します。

エコー検査

超音波を発する機器を乳房にあて、反射された音波により、乳房内部の様子を確認します。

検査開始から結果のご説明まで
約30分〜50分です

※お時間はあくまで目安です。状態によって必要なお時間は変わってきます。

女性専用の中待合室

パウダールームもご用意しています

03

乳がん検診で
腫瘍が見つかった場合

当院で、より詳細に検査いたします。

  • 穿刺吸引細胞診

    専用の吸引用具を使用し細胞を吸引、染色。
    細胞学的に顕微鏡で確認する検査です。

  • 針生検

    穿刺吸引細胞診よりも太い針を使い、組織片を採取。
    病理組織診断を行う検査です。
    乳がんかそうでないかが、高い確率で判明します。

それでも判明しない場合等は近隣大規模病院と連携し、より詳細な検査を行います。

  • マンモトーム生検

    一回の穿刺で複数の大きな組織を採取することができます。
    診断がつきにくい微小病変の検査精度を高めることができる検査です。

  • 乳管造影・乳管内視鏡
    (乳頭異常分泌時)
  • MRI・CT・PET
04

乳がんが確定に
なった場合

近隣の大規模病院で手術を受けて頂きます
(当院院長が出向き、病院で手術を行うことも可能です)
※術前・術後の化学療法は当院の外来でお受けいただけます

当院で行う
乳がん検診の各検査について

  • 視・触診

    医師が、その目と手で、乳房の中にしこりや、変形・陥没がないか、異常な分泌物が出ていないか、リンパ節に腫れがないか腫れ等を確認します。
    数多くの経験を活かして、しっかりと確認、ご説明を行います。

  • マンモグラフィ検査

    乳房専用の低線量X線撮影装置で病巣の有無を検査します。

    良好な画像を得るためには乳房を圧迫する必要がありますが、当院は患者様の負担が小さく、痛みの少ない検査に努めています。

    触知できない早期の乳がんも高感度に検出可能な検査です。

    マンモグラフィ検査
  • エコー検査

    超音波を発する機器を乳房にあて、反射された音波により、乳房内部の様子を確認します。

    マンモグラフィに比べて、触知できないがんの検出度は劣りますが、小さい浸潤がんや非浸潤がんの検出、病巣内部の質的診断に優れます。

    X線被爆の心配がないことも特徴です。

    エコー検査

検査費用

無症状の方、現在保険診療をお受けになっていない方が受診される場合は自費診療となります。
自費診療では、検査内容によって、ご負担になる費用が異なります。
※診療途中で自費診療から保険診療に変わる場合もありますので、検診でご来院の際にも健康保険証をお持ちください。

◎福岡市乳がん検診 自己負担料金

※福岡市クーポン検診・福岡市乳がん検診が受付可能となりました。

福岡市クーポン検診
マンモグラフィー+問診
0円
福岡市乳がん検診
(問診+マンモグラフィ)40~49歳
1,500円
50歳以上 福岡市乳がん検診
(問診+マンモグラフィ)50歳以上
1,200円

オプション

超音波検査を追加する場合 +4,950円(税込)
視触診を追加する場合 +1,320円(税込)

◎自費診療料金

触診+マンモグラフィ
(両側2方向撮影)+超音波検査
10,890円(税込)
視触診+マンモグラフィ
(両側2方向撮影)
7,480円(税込)
視触診+超音波検査 7,150円(税込)

オプション(血液検査)

乳腺腫瘍マーカー(CEA, CA15-3) +3,905円(税込)

ページの
先頭へ戻る